Martin-rogo      28kanban
かんだ 28(にっぱち)
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町46 alta1F
TEL :03-3525-4188

18:00~22:30  営業日:水曜・金曜

ホーム
home
コンセプト
concept
システム・店舗情報
information
メニュー
menu
予約・お問合せ
mail
予約状況
schedule
調整・買取
Guitar
ピックアップ
28system
 MAP
地図
 かんだ 28(にっぱち) facebook : http://www.facebook.com/kanda28v 

28 system ピックアップ

TOP  各部サイズ 概要  アフターサービス 使用上の注意


28(にっぱち)でピックアップシステムを販売させて頂きます。(下記参考取付画像)

 お分かりとは思いますが、ボディ裏に取り付けます。普通に取り付けたら全く見えませんので表側に参考取付してみました。
右画像は、裏ブレーシングを透過させた画像です。コンタクト取付位置(参考)を番号で示しました。
取付時は手探りですので参考になればと思います。
位置は経験上の良いとされるポジションですので、各々個体差により変わりますので絶対的な場所ではありません。
3個目のコンタクト(単独ボリューム付)はまさに様々で奏者、奏法で変わりますのであくまで参考にすぎませんのでご自由に。


     
マイクとピエゾ2個のコントロール部
   ピエゾ3個目のコントロール部
 (何処に付けるかは使い勝手でご自由に)



TOP  各部サイズ 概要  アフターサービス 使用上の注意



基本システム 内訳
部品画像にはジャックが2種類(3.5・6.3)御座いますが、どちらか選択となります。

 コンタクトピエゾ  3
 コンデンサマイク   1
 ボリューム調整(ピエゾ×2・ピエゾ×1・マイク×1)  3
 エンドピンジャック(3.5㎜・6.5㎜選択)
 アウト MIX Mono
 1
マイク用バッテリー(CR2032)  1

又、ST出力(コンタクト・コンデンサマイク各々)に変更制作も可能です。ご相談ください。


ピックアップ各部のサイズ等

 ピエゾ部分の直径  約20mm
 ボリュームコントロール①部分 36mm×21mm×6mm
 ボリュームコントロール②部分  20mm×12mm×6mm
 マイクアーム長、先端まで  55mm(約:W/H/D突起部含まず)
 各ケーブル長 
 ピエゾ先端まで①-1 約280mm
 ピエゾ先端まで①-2 約400mm
 ピエゾ先端まで② 約280mm
 電源ケーブル先端まで 約280mm
 エンドピンジャック先端まで 約560mm(中間接続含)



28 system
標準システム(3.5㎜ ミニピン仕様) 価格:28,000円
(いずれも取付工賃別)
初期ロット限定セット   価格:22,800円


標準システム(6.3㎜ 標準ピン仕様) 価格:28,000円
(いずれも取付工賃別)
初期ロット限定セット   価格:22,800円




TOP  各部サイズ 概要  アフターサービス 使用上の注意



概要】 28system 販売に至るまで

 
 世の中に数あるピックアップ、私も様々なピックアップを今まで購入させて頂きました。
 お蔵入りになった数多くのピックアップに今回未練もなく別れを告げました。(一部残しますが・・)

 というのも、私が出会った中で一番のピックアップに出会ってしまったからです。

 この度、メーカー様と契約させて頂き独自の改良を加え、28オリジナル商品として販売させて頂く事に
 なりました。
 (要するに、制作はメーカーに私がこうしよう、ああしよう、と文句言って造って頂いているものです)

 只言えることは、私が今までで一番いい音と環境で再生してくれるピックアップであるという事です。


各社製品には色々なタイプがありますよね、当然長所、短所があります。ではどういう所でしょう?

 === 短所 ===
①手作り故、少々見た目が?・・・悪いとかいう意味ではなく、製品って云うか部品!という感じですね。
 手作りですから。
 (取付したら全く見えないものですので問題にする処ではないんですが、あえて欠点とします.)

②取付が面倒?
 (とはいえ、いい音が出るところをご自分で探して見つかった時の満足度がそれを上回ります。
 もちろん当店でも取付調整は承ります。
 その際には基本的にはお客様と一緒に音を探りながら設定いたします。)

③価格が高い感じが・・・?
 (取付、設定完了後の音を聴けばその価値が判ります。
 厳選材料を使っておりますし、手作りで量産減額出来るものではありませんので。

=== 長所 ===
 
①3個のコンタクトピエゾでボディから直接波をとらえます。
 (コンタクトは2個同時設定、1個は単独ボリューム)
 (推薦指定場所はありますが、取付場所の設定でかなり自在に変化させられます。
  ボディーアタックとか色々な奏法に対応出来るってことですね。)

②コンタクト3個とコンデンサーマイクをミックス。
 更にコンデンサーマイクによりホール出口での音を拾いミックスしてラインアウト。
 当然マイクは単独ボリューム。

③エンドピン無加工で(3.5㎜ミニピン仕様)ラインアウトなので穴開け不要。
 (6.3㎜の通常ピンジャック仕様も選択可能です)
 (特に高価なギターでは穴開けはしたくないですし、価値も下がってしまいますものね~。)
 ※3.5㎜ミニエンドピン仕様の場合、特注シールドケーブルを用意しております。(下記画像)

  3.5㎜ミニエンドピン仕様用の
片側が3.5ミリのL型プラグで, もう一方が6.3ミリ標準プラグのシールドケーブルです。

ノイトリック3.5Lプラグ⇔ノイトリック6.3標準プラグ 
ケーブルの太さは約2.8mmです。

(ノイトリック3.5ミリプラグはステレオ仕様ですが内部的にモノラル接続になっています)

④超軽量
 これ以上軽くならんだろ~!って位追加工してません。追加取付ですから軽いに越したことはありません
 見た目も大事だと思いますが、見えない所に取付しますので、無駄なことはしないほうが良いですよね。
 実際マグネットタイプでいい音出す物も私物で使用してますが、やっぱ重いです。
 コイル巻いちゃってますからしょうがないですね。ある意味欠点です。

⑤故障しても修理が簡単。
 全て手作りなのでパーツごと交換することも可能です。


下記 長所・短所 一覧
   利点 欠点 
 
サドル取付型
ピエゾ・
ピックアップ
  • 容易にコントロール可能なタイトなサウンド。
  • フィードバックを容易に避けられる。
  • アコースティック・サウンドとしては不自然。
  • 取り付けにはギターの改良が必要。

外部
コンデンサー
マイクロフォン
  • 高品位なアコースティック・サウンド。
  • フィードバックに弱い。
  • 最良のパフォーマンスを得るためには、高価なマイクやプリアンプが必要。
  • 演奏時の動きに制限がある。

ピエゾ / マイク
ハイブリッド・
システム
  • 多目的に使用可能なサウンド。
  • マイクのみを使用した場合は、比較的忠実なアコースティック・サウンド。
  • 高価。
  • 内部にマイクを設置した場合、純粋なアコースティック・サウンドを捉えることが困難。
  • マイクの音量を大きく設定した場合、特に低音域におけるフィードバックに弱い。
  • 設置が難しい。

サウンドホール
取付型
マグネティック・
ピックアップ
  • ソリッドなサウンド。
  • フィードバックに強い。
  • 一般に比較的安価。
  • 不自然なエレキトリック・ギターの様なサウンド。
  • 見た目が良くない。

コンタクト・
ピエゾ・センサー
  • 一般に安価。
  • 一般に楽器の改良が不要。
  • 比較的自然なアコースティック・サウンド。
  • 一般にインピーダンスが高く、オーディオ信号のレベルが低い。
  • 暗くこもったようなサウンド。
  • フィードバックに弱い。
  • 物理的衝撃に弱い。

内部設置
マイクロフォン
  • 比較的良いサウンドが得られるが、ブーミーなサウンドになり易い。
  • フィードバックに弱い。
  • マイクをボディ内部に設置するため、ボディの鳴りを余計に捉えてしまう。
  • マイク設置が難しい。

28system
  • 高品位アコースティック・サウンド
  • 超軽量
  • 3個のコンタクトとコンデンサーマイクで微細な調整が可能
  • コンタクト調整は2分割調節
  • コンデンサマイクは単独調節
  • 取り付けが面倒?
  • 調整が面倒?
  • 少々高額?
http://www.ikmultimedia.com/products/irigacousticstage/ より引用



― Q &A ―
Q : 長所って何でしょうか?
A : 大体、どのメーカーもいい音ですよ~!っていうのは当たり前ですよね。本当かどうかは別として。 

Q : 取付簡単?
A : 簡単に良い音出せりゃみんなが使ってます。
  とにかくスピーカーから音出ればいい!程度の方ならOKですが。取り付けに時間をかけても良い音が出
  ればよいのです。そう思わないギタリストなら、それなりのものを使えばよろしい!という事ですね

Q : マグネットTypeも悪くないのでは?
A : マグネット式は所詮エレキ音、かなり厳選しても所詮です。(私的発言です)

Q : マグネットにコンデンサマイク付きもあるけど?
A : これは音的には悪くない!が、重い!
  (重いといっても本体自体は軽いものですよ?でも、ギターにつけるとしっかり重いんですね。
  付けてみれば解ります。しかもホールに付けますから、かっこ悪い。しかも邪魔!)
  ※私的意見で一概には言えませんが。

Q : サドル下に入れてるピエゾタイプは? オベーションはもとより、各社で使用してますが?。
A : 私見ではありますが後付けで取り付けるのは弊害が有りすぎだと思います。
  ギター本来の音は絶対に出ないといってもいいと思います。
  そもそも弦の響きをボディーに伝える要の所にそんな物付けちゃダメじゃないですか?
  安易過ぎですよね。(言い過ぎました、各メーカー様にはお詫び申し上げます)
  設計段階で音作りしているギターなら未だしも、オベーションでさえ生音はね・・・
  だって、アコースティックギターなんだもの!ダメじゃないですかね?
  云いたいことは一杯ありますが、結局・・・これは、だめでしょ!?


  ってことで28(にっぱち)の”28System”です。

◆元々、オールドMartinをLIVEで使用したいために探していた所に出会った物です。
 当然エンドピンの穴を広げるなんて出来ません。
 重くもしたくありません。
 見た目も重要です、マグネットの致命的欠点ですね。

28systemはそういうレベルで使えるシステムなのです。と思います、で締めくくっておきます。


TOP  各部サイズ 概要  アフターサービス 使用上の注意



 アフターサービスについて
■保証期間は設けておりませんが、明らかに製造上の不備による故障は、無償修理させていただきます
 (発送送料はご負担願います)。

■修理の受付けは、ご連絡を頂いた後に、ピックアップのみを取り外して、ご送付頂く形となります。
  出張修理及び楽器に取り付けた状態での修理はお受けできません。

■改造等の料金及びその他不明な点につきましては、ご相談ください。

TOP  各部サイズ 概要  アフターサービス 使用上の注意



使用上の注意・その他
■貼り付けピエゾの青色いゴム質とコントロール部の被覆ががベタつく感じが有りますが、正常です。

■開封時に袋に貼り付いて出しにくい場合があります、破損の原因となりますので、無理にケーブルを引っ張ったりせずに、ハサミ等を使用して袋を切って、取り出してください。。

■標準6.3㎜ピン取り付けには、楽器へのエンドピンジャック用の穴加工(直径 約12㎜)が必要となります。

■3.5㎜ミニピン仕様のエンドピンは通常のエンドピンより強度が落ちますのでストラップのご使用は避けてください。

■各部品の貼付け用両面テープの接着力は,かなり強力です(コントロール部は特に強力な物を採用しています)、取付後日のピックアップ脱着に不安がある場合は、 適切と思われる強度の両面テープをご用意いただき、重ね貼りしてから取付を行ってください。

■ピエゾ部は一度完全に貼り付けた後で剥がすと変形・破損する場合があります、位置決め及び取外しを行う際は慎重に作業を行ってください。

■取付を行ったことにより生じる利益及び不利益に関して、当方はは一切関知いたしません、取り付け加工及び使用は自己責任で行ってください。

■取り付ける楽器のメーカーやタイプにより、取り付けが困難な場合があります。

■マイクを動かす時はアーム部のみを持って動かしてください、破損の原因となりますので先端部を持って動かさないでください。

■ボリュームつまみのマーキングは、使用しているうちに取れて目立たなくなります。

■ご使用時にマイクとピエゾの両方のボリュームを最大にした場合に、ピエゾ側の出力が少し落ちます、 その場合はマイク側のボリュームを少し絞ってください。(実際の運用上でコンデンサーマイクとピエゾ共に最大での運用は無いと想定しています)

■単独ピエゾボリューム出力を上げると全体のボリュームが落ちますので、考慮して調整してください。

■ピックアップはマイクボリュームを最小にした時にノイズ出る事があります、その場合は、マイクボリュームを上げていただければノイズは目立たなくなります。

■ピックアップシステムは、コンデンサーマイクを駆動する為に、電池の接続が必要となりますが、プリアンプを内蔵しないタイプ(パッシブタイプ)です 、プレイヤーが求める音量・音質を表現する為に、プリアンプやエフェクター等の接続が必要になる場合があります。

■電池寿命は連続使用で450時間以上使用可能です。(当初付属する電池はテスト用です)

■プリアンプの内蔵を、とのご要望をいただきますが、 28Systemピックアップは、おしつけのプリアンプを内蔵するよりも、多くの市販品のプリアンプ類の中から操作性・音質・価格等を検討して、 プレイヤーお好みのタイプの物を選んで使用いただいた方が、よりご満足いただけると考えています。
又、その方が、所有されている複数台の楽器にピックアップを装着した場合に、一台のプリアンプを使い回せますから絶対的に、コストが安くなりますので、 内蔵しない仕様とさせていただいております。

■頻繁に改良を行いますので現品と写真が異なる場合があります。

■電気的特性の測定及び公表は行っておりません。

TOP  各部サイズ 概要  アフターサービス 使用上の注意



28 system
標準システム(3.5㎜ ミニピン仕様) 価格:28,000円
(いずれも取付工賃別)
初期ロット限定セット   価格:22,800円


標準システム(6.3㎜ 標準ピン仕様) 価格:28,000円
(いずれも取付工賃別)
初期ロット限定セット   価格:22,800円




かんだ 28(にっぱち)
Copyright 2017, Since 1958, All Rights Reserved. 飲食店営業許可2437