補修関連商品メーカー:一覧はこちら


エポキシ系コーキング材  ショーレジン STE-500
ショーレジン STE-500
(20kgセット)


定価:オープン
38,000円/セット(税込)


当商品はメーカー直送品の為
      代金引換’ が出来ません
●清算時に’代金引換’も選択できますが、
  ご利用されません様 お願い申し上げます。
●他メーカーとの混載も出来ませんので御注文は
 ショーレジン製品単独で御注文お願い申し上げます。
 (代引以外の決済にてご利用お願い致します。)


カゴを見る 

     
  ショーレジン カタログ      施 工 要 領 書  

STE-500は、ショーレジンの技術を生かして本邦で最初(昭和34年)に製品化した
水中湿潤型エポキシ系接着剤です。

ショーレジンでは、実際に施工に用いながら常に品質の改善改良に取り組んでおり、
現在の製品となっています。

 用 途

・配管廻りの空隙充填
・プールや槽の水漏れ防止
・コンクリートのクラック、ジャン力の充填
・地下鉄シールドのセグメント目地

 特 長

・不定形で任意目地充填可能
・硬化後の体積変化なし
・水中湿潤でも接着性抜群
・耐吸水性、耐透水性にすぐれシール効果大

◇ 性 状

配合比 (重量) 主剤 硬化剤
ショーレジン STE-500 1 1
荷     姿 10kg 10kg

外観及び性能

項     目  
外   観 : 主  剤 黒色パテ
外   観 : 硬 化 剤 白色パテ
比   重  (固  体) 1.55
可 使 時 間 25℃ 30分
指触硬化時間 25℃ 3時間
引 張 強 度 N/cu(kgf/cu) 980↑(100↑)
伸  び  率  % 5
圧 縮 強 度 N/cu(kgf/cu) 3900↑(400↑)
曲げ接着強度 N/cu(kgf/cu) 水中 340(35)
曲げ接着強度 N/cu(kgf/cu) 空中 580(60)

※試料作成
試験方法はJISK5201 (モルタル曲げ試験)に準じ40×40×80mmのモルタル供試体を作製し、
材令5週間に達したものを水中に一日間養生。
水中にて接着剤を片面塗布し2個を接着する。又水中で目地10mmに充填接着した。

硬化条件23±1℃7日間養生、数値はいずれも3個平均値。
試験方法はJISK6911熱硬化性プラスチックス試験。
JIS R 5201モルタル作成方法に準じて行った。

試験結果

/試験項目 曲げ接着強度 10mm曲げ接着強度
養生期間(下記) 濁水 海水 濁水 海水
6 時間 284(29) 147(15) 235(24) 196(20)
12 時間 353(36) 166(17) 333(34) 294(30)
1  日 490(50) 225(23) 460(47) 420(43)
7  日 549(56) 490(50) 480(49) 451(46)

単位 N/cu(kgf/cu)


施  工  法

1.管廻りコーキング

1) 下 地 処 理
 @ 配管の固定
   ショーレジンSTE-500が硬化するまで(常温で約24時間)配管を固定する。
   (硬化前に配管が動いた場合は、配管との接着面に剥離を生じ漏水の原因となる)
 A 接着面の清掃
   コーキング材の接着を阻害する恐れのある油分・塗料・錆・モルタル屑等がある場合は、
   これを除去し表面を露出させる。
   
被覆管の場合
     被膜を除去
    (エポキシ系の塗膜で十分な接着力がある場合は、塗膜表面を目荒し、溶剤等で清掃する)
   
塩ビ管の場合
     接着面の十分な目荒しを必要とする。
    (コンクリート面より接着力がおとる)

(2) 充 填 量
   容量(?)×1.55(比重)×ロス=使用量kg
   ロスは通常20%
   幅・厚さ共20mm以上

(3) 充 填 作 業 (必ず保護手袋を着用)
 @ 材 料 の 混 合
   使用量にあわせSTE-500主剤(黒)硬化剤(自)を、各等量取り混合する。
   全体が均一な灰色になるまで、十分に混合する
   可使時間は、 24℃で20分-30分
 
 A 材 料 の 充 填
    STE-500を混合後、速やかに目的の個所へ空気を巻き込まないように充填する。

2.シールドセグメントコーキング
   シールドセグメントでは、継手組立時の誤差や、シール材、
   裏込注入だけでは漏水することがありますので、シール材、
   裏込注入材で止水しコーキングで防水する二段構えで行います。

A : 漏 水 の 無 い 場 合

   コーキングはいずれの場合も掘進後切羽から50〜60リング後の
   ジャッキ圧の影響を受けない部分からコーキングを開始します。

 
@ 下 地 処 理
   コーキング溝の汚れ(泥、レイタンス、油等)を除去し清掃する。
 
A 材 料 の 混 合
   所定の配合比でミキサー又は手練り等にて充分に混合する。
 
B 材 料 の 充 填
   コーキング溝の項部からインバート部へと、水の流れにしたがって充填を行う。
   その後、パテナイフ、ヘラにて表面の仕上げを行うと共に、材料の密着性を増す為に
   材料との境界の浮きを無くする。

B : 漏 水 の あ る 場 合

   現場の状況によって変化いたします。メーカーまでご連絡ください。


尚、商品はセット販売のみとなっております。ご了承下さい。