【この商品は医薬用外劇物です】
医薬用外劇物をご希望のお客様は事前に「毒物及び劇物譲受書」の提出が必要となります。
 
ご注文確認後「毒物及び劇物譲受書(PDF)」をメールでお渡し致します。記入後、メール(PDF)、
FAX、郵送にて当社へ返送ください。
内容を確認後、商品を発送いたします。商品到着後、「毒物及び劇物譲受書」の原紙を郵送で当社
  へお送りください。
「毒物及び劇物譲受書」をFAXまたは郵送で受取希望される方は[店舗への連絡欄]にその旨をご
記入ください。FAX希望の方はFAX番号をご記入ください。
 
商品の発送は「毒物及び劇物譲受書」の内容を当店にて確認後に行います。
「毒物及び劇物譲受書」の返送が無いお客様・当店で不適格と判断するお客様には販売できません。
お客様が本製品を販売または授与するには毒劇物一般販売業登録が必要となります。
当社は千代田区保健所より毒物劇物一般販売業登録を受けた販売業者です。




物理的特性一覧PDF
耐薬品性一覧PDF

B
プラスチックスチールリキッド
lb(0.45kg)【劇物】

定価 オープン価格
特価 5700円(税込

B
プラスチックスチールリキッド
4lb(1.81kg)【劇物】

定価 オープン価格
特価 16,500円(税込

B
プラスチックスチールリキッド
25lb(11.35kg)【劇物】

定価 オープン価格
特価 60,800円(税込


デブコンBは鉄粉配合のエポキシ樹脂系補修剤で、硬化後の特性はデブコンAと同等です。 
主剤と硬化剤を混合すると、化学反応により硬化します。
硬化後は灰色の非常に硬質な硬化物となり、各種金属、ガラス、セラミック、
木材等と強力に接着します。 
デブコンBは液状の為、注型が出来ます。硬化後の収縮は、ほとんど無く、
寸法安定性に優れています。


■主な特徴

  • 寸法安定性に優れ、硬化後は各種ハンド&機械加工が可能
  • 金属全般、木材、コンクリート、石材に対し接着力が強い
  • 流し込み、刷毛塗り可能
  • 機械的強度が大きい
  • 鉄粉配合
  • 主剤、硬化剤は、長期保存が可能

■主な用途

     各種冶具の製作や形状型取り
     簡易プレス型やナライ盤のモデル製作
     ガイドブッシュの接着固定
     タンクなどの防蝕ライニング等

■プロダクトデータ
可使時間 45分/25℃ 塗膜硬化時間 16時間/25℃
色 調 灰色 混合比 9:1(重量比)/3:1(容積比)
比 重 2.1 外 観 液状
耐熱温度 120℃ 入り目 0.45kg/1.81kg/11.35kgセット


主剤
(濃灰色)

硬化剤
(淡黄色透明)
混合比
9 重量比 1
3 容積比 1

硬化後(濃灰色)


注型(ちゅうけい)の場合】 ※離型(りけい)処理を忘れると接着します
モデルの準備
木、石膏等多孔質のモデルは、完全に乾燥させ、
クリアーラッカーを3回塗り「目止め」をします。
離型剤を全体にむらのないように薄く塗ります。

枠の設置
両面テープ等でモデルを固定します。この場合、面積の広い方を下にします。
(逆テーパーや抜き勾配に注意して下さい)
金属などの熱伝導性の良いものを枠として使用し、
内側全体に離型剤をむらのないように薄く塗ります。

混合・攪拌
主剤と硬化剤とをできるだけ正確に計量します。
(秤のご使用をお勧めします)
硬化する際に自己発熱する性質があるので高温時には、
一度に1kg以上混合しないで下さい。
容器のすみまで、混ぜ残しのないように充分攪拌して下さい。

注入
まず薄くデブコンを刷毛塗りしてから注入すると、
きわめてきれいな面が得られます。
50p〜1mの高さから、枠の一番低い箇所の一点に向けて、
細く糸を引く感じで静かに注入します。
25o厚以上に注入する場合は、何回かに分けて、
先のデブコンを注入してから、40〜50分後ごとに注入します。
(発熱による発泡や収縮などを抑えるため)

型抜き
室温放置し硬化させたのち、せり上げなどで枠からはずします。

【ライニングの場合】
接着面の準備
サンドペーパーやサンド・ブラスト、ベビーサンダー等で錆、
塗装を除き、接着面の地肌を粗します。

アセトン、MEKなどの脱脂能力に優れた溶剤で脱脂洗浄します。
完全に乾燥させてください

混合・攪拌
主剤と硬化剤とをできるだけ正確に計量します。
(秤のご使用をお勧めします。)
硬化する際に自己発熱する性質があるので高温時には、
一度に1kg以上混合しないで下さい。
容器のすみまで、混ぜ残しのないように充分攪拌して下さい。

塗布・硬化
刷毛等で塗布する。
16℃以下の場合、完全に硬化しないこともあるので、
作業箇所の温度にご注意下さい。
硬化を早めるには、赤外線ランプなどで60〜70℃位に加熱するとよいです。